【サイトについて】
* RPGツクールMVを使った、ゲームを一層楽しくするためのアイディアや、豆知識、プラグインなどを紹介していきます。あくまで個人の考えに基づく記事ですので、参考程度にお読みいただければ幸いです。
<< 自作ゲーム専用プラグインを用意しよう! | main | MV1.1.0→1.2.0 Javascript変更部分 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | |- |
    用語辞典を作ろう!
    0
      中長編作品や、ちょっとシステムの凝ったゲームを作ると、
      ゲーム内にも解説や用語辞典、マニュアルなんかが欲しくなりますよね。

      それを、↓こ〜んな風に、



      ものすごく簡単に作れてしまう素晴らしいプラグインを
      トリアコンタンさんが作ってくださいましたので、ご紹介させていただきます。

      プラグインページ
      (作者:トリアコンタンさん ※MITライセンス)

      ダウンロード(Download)よりダウンロードしたSceneGlossary.jsを各プロジェクトフォルダのjs/pluginsフォルダに入れ、プラグイン管理からONにしてください。各プラグインのパラメータに関する説明はヘルプをご覧ください。

      ■基本的な使い方

      まずは用語辞典に載せたい用語を、データベースの「アイテム」欄に「隠しアイテム」として作ります。

      隠しアイテムにはAとBがありますが、パラメータで設定したアイテムタイプの方を選択してください。
      アイテム名が用語名、アイテムタイプが「隠しアイテムA(またはB)」。

      2016/04/21追記
      「使用可能時」は「メニュー画面」にしておきましょう。

      (※「常時」「バトル画面」にすると戦闘中のアイテム欄に表示されてしまいます
        「使用不可」にすると用語辞典内の用語名がグレーになります)

      そしてメモ欄に <SG説明:> と入力し、説明: と > の間に用語の解説を入力しましょう。
      例では「黄金結晶」という名前の素材アイテムについての解説を入れたいと思います。



      これで保存し、ゲームを確認してみてください。
      メニューを開くと、「用語辞典」という項目が出来ていますよね。



      これを選択すると、、、



      当然空欄です。
      なぜなら、まだ設定した隠しアイテム「黄金結晶」が手に入っていないからです。

      街にいるキャラに話を聞きましょう。



      そう、ここで初めて「黄金結晶」という単語が出て来ましたね。
      このイベントの下に隠しアイテム「黄金結晶」の入手イベントを入れることで、
      はじめて用語辞典に項目が追加されるわけです。



      用語に追加したいタイミングで、該当用語の隠しアイテムを
      「アイテムの増減」で入手できる様にイベントを書きましょう。
      手にした隠しアイテムと用語辞典は連動していると思ってください。



      ちなみに、プラグインパラメータに「自動登録」というものがあるのですが、
      これがONに設定されていると、何と「アイテムの増減」処理を挟み込むことなく、
      黄金結晶」というキーワードが会話内に登場した瞬間、
      自動的に用語辞典に登録されるのです

      なーんと便利な!!

      ※自動登録ONの時の注意!
      「ルシ」という単語を解説するために会話内に「ファルシ」という言葉を入れると、ルシという単語を中に含んでいるため「ルシ」「ファルシ」両方とも項目が出てきてしまいます。
      「ライ」というキャラクターの解説をあとで辞典に入れたいのに、誰かがうっかり「カレーライス」の話をしてしまうと、その時点でライが自動登録されてしまいます。近しいキーワードをなるべく会話に含まない様、ご注意を!

      2016/04/21追記
      プラグインのバージョン1.2.0で自動登録の対象外にするタグの機能が追加されました。
      自動的に登録させたくないアイテムのメモ欄に <SG手動> と入力しましょう。


      ■応用編

      まだまだこのプラグインには沢山の機能があります。
      隠しアイテムのメモ欄に、こんな風に、



      黄金結晶のメモ欄に
      <SGカテゴリ:*******> にカテゴリ名を入れ、
      <SGピクチャ:*******> にimg/picturesフォルダにある画像ファイル名(拡張子不要)を入れ、
      <SGピクチャ揃え:******> に「center」と入れます。

      この状態で用語辞典を見ると・・



      用語辞典を開いた時、まずはカテゴリとしてまとめられます。
      メモ欄で「素材辞典」が表示されましたね。
      <SGカテゴリ:>で入力した文字がそのまま表示されています。

      カテゴリを選択すると、



      画像つきの解説が出ます!!
      素材のイラストだったり、キャラクターの立ち絵などを表示すると、
      ゲームのクオリティが一気にアップすると思います。

      説明には変数も使えます。
      単なる用語辞典としての使い方ではなく、
      いろんな使い方のアイディアが生まれそうですね!
      とっても素晴らしいプラグインだと思います。
      | RPGツクールMVプラグイン | 18:31 |- |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 18:31 |- |
        PR